インドの部屋

インドの部屋について

こんにちは。マウントヒルヨガスタジオ代表の山坂良子です。

こんにちは。マウントヒルヨガスタジオ代表の山坂良子です。

現在、世界中にヨガが広がって、学ぶ場所はたくさんあります。 その元になっているのはインドのはずですが、ほとんどはアメリカ経由で広がったものです。 それは肉体に集中し過ぎていて、ヨガの純粋な意味をなくしてしまっている場合があります。

私がヨガを始めたのはパニック障害を患っていた頃、ヨガの教室に友人が誘ってくれたのがきっかけです。 習い、教え始め数年が経った頃、ちょうど福岡に住んでおられたインド人の先生を紹介してもらい、インドのヨガを習い始めました。

それは、それまで習ったヨガとは全く別のものでした。 「稲妻が落ちた」感じがしました。

そこで学んだことは、「体を作るのは日常生活である」ということ。

そこで学んだことは、「体を作るのは日常生活である」ということ。
「思い」を整理すること。
そのやり方を教わりました。
そして、大切なのは「知る」こと。
大いなるものを知る、じゃなくて、自分を深く知る。
全ては、私がこれから生きるために必要なことでした。

これを知らずにいたら、「オールモスト、ダイね」と先生に言われたまんま。死んでたな、と

ヨガで一番大切なこと

ヨガで一番大切なこと

・ポーズする前に(3時間)食事をしないこと。
・ポーズが終わってから(30分)飲食禁止。
・ポーズをしている時、口を開けないこと。


これを守らなければ、オールモストダイです。
良かれと思ってやっていたヨガで死にます。
と言っていいほど、徹底してやるべきことです。

そして、インドへ帰った先生に会いに行ったのが2012年、初めてのインド。 その時、スワミ バレンドゥ ギリ師(グルジ)に初めてお会いしました。 グルジからヨガクリヤ、アーサナ、ナディショダンプラナヤマを習い、スタジオで教えています。

インドでは、現地の小学生から高校生のヨガクラス、大学生、ジャイプルでは警察署のスポーツ選手のクラスを。小学生から中学生がプッタパルティのサティア サイババ アシュラムでのパフォーマンスの手伝いなどをしました。

グルジ

グルジと一緒に過ごせる時間は、ご飯を作ったりチャイを作ったり、グルジがどんな生活をしているのか、どんなことを言っているのか、べったりひっついて見ています。 一緒にいるだけで、私の中の不安やわだかまりがなくなる。 純粋になっていく。インドの聖者、すごいですよ。ほんとに。

ヨガって一体何?ヨガを知らない現地の人たちとの交流にも、学ぶことはたくさんあります。

ヨガのポーズだけがヨガではありませんから。

 

ヨガは生き方であり、生活です。 毎日の過ごし方、食べ物、飲み物、仕事の仕方、生きる社会や人との関わり、生き物との関わり、自然との関わり、生かされているという意識、自分自身の沸き起こる感情と向き合うこと。もちろん、体を大切に、自分を大切にすること。

マウントヒル ヨガ スタジオではインドのヨガを学べます。

マウントヒル ヨガ スタジオではインドのヨガを学べます。

自分自身の気持ちに、純粋な気持ちにもっと気づいていけるように、ヨガをしましょう。 そんな思いでヨガを教えています。 インドの部屋は、私のこれまでの、これからのインドでの経験を載せていきます。

  • ご予約
  • お問い合わせ