コンテンツ

SBGインドヨガ短期講習 参加者様の声

お名前 misaki様
年代 30代
お住まい 大阪府

受講した感想

講座ではアーサナ以前のヨガの考え方を教えてもらいました。

日々の気持ちの持ち方、食生活のことを学び、アーサナの意味をより深く理解できたと思います。講座以外のクラスも受け放題だったので、受けられるほとんど全てのレッスンを受けました。
良子先生はじめ、マウントヒルヨガのやさしいスタッフの皆さん、生徒さんとただただヨガだけをして過ごし、心底リラックスして過ごした3泊4日でした。
ストラネティは最初なかなか通らず、先生に手伝ってもらって最終日ようやく通すことができました。私の場合、日にちが開いてしまうと億劫になりそうだったので、集中して練習できたのがとても良かったです。

その後(体のこと、生活のことで何かあれば)

ストラネティ、ジャンネティを自分でできるようになりました!
今では朝起きてまず歯磨き、すぐにストラネティ、次に顔を洗ってジャンネティ、というのが日課になっています。
秋冬に鼻風邪をひき、そこから副鼻腔炎を発症、鼻が詰まって夜寝づらく日中も集中力が低下、大好きなごはんの味もわからずイライラ…というのが毎年のパターンだったのですが、なんと今年は鼻風邪知らずです!
鼻水はたくさん出ますが、詰まって出てこない、というのはなくなりました。いつでも鼻がスッキリ通っていて気持ちがいいです。
街で鼻が詰まって辛そうな人を見かけるとひもを通すといいよ〜ってお勧めしたくなります。
アーサナは短期講座で習ったことを繰り返し、家で実践しています。スタジオに通わなくても家で少しの空き時間でできるようになりました!
自分の身体の変化に敏感になり、今日はちょっと疲れているからゆっくり過ごそう、など、調整できるようになった気がします。

 


 

 

お名前 ようこ様
年代 60代
お住まい 福岡県

 受講したきっかけ・感想

なんとなくヨガをしたくて、去年からいろいろなスタジオを訪ねてまわりましたが、ピンとこないんですね。どこも。人差し指に願いを込めてググったら、やっとたどり着きました。「マウントヒルヨガスタジオ」!今年の2月の終わり頃。
その頃の私は、体に異変が生じていて、俗にいう坐骨神経痛でしょうか、腿の裏と臀部のしびれ等でピンチでした。
が、良子先生に言われました。「ヨガをやっているうちに治っていきますよ。」と。
こんな形で私のヨガが始まりました。まず、私はいつからこんなにも緊張して生きていたんだろうかと気づかされました。
死者のポーズで目を閉じてリラックスして横たわるだけなのに、それができない。
眉間や肩に力が入っているとツンツンと指摘されたり、と・・・。
さらに神経痛で痛くて思うように動かせず、なんだか重たい鎧を着てヨガをやっている感じでした。数日通っていると、短期集中講座があると知り、入ったばかりでしたが、やぶれかぶれで受講することにしました。
そこで衝撃のスートラネティとジャンネティ。これだけは無理と思いました。しかし、今では朝のルーティンの一つになる程に・・・。おかげさまで鼻の空気の通りが良くなり、以前より酸素が多く取り込めるようになって、今は必須のマスクの状態でも口呼吸とは無縁です。
他に、ヨガにまつわる基礎知識等を学び、太陽礼拝といくつかのアーサナ実技を資料を見ながら詳しく学びました。時々、見返しています。
直感にしたがって学んで正解でした。

その後(体のこと、生活のことで何かあれば)

現在、4月のステイホーム以来、朝のルーティンに太陽礼拝が加わりました。
夢だった、マントラを唱えながら太陽礼拝できたらいいなあと思っていたことが叶いました。
通い始めて早くも半年弱になりますが、そういえば、最近先生方に眉間をツンツンされることもなくなり、痛くてできなかった後屈も前よりぐんとやれるようになったし、何より、神経痛のしびれが、あと少しというほどに良くなりました。これからさらにどう進化していくのかワクワクです。
毎日、自宅でヨガをやるのもいいけれど、時にはスタジオに行って先生方にみていただくと、皮の伸びと呼吸に意識を向けることができ、さらにブラッシュアップできます。今まで身体同様に生き方も「~ねばならない」等、カチコチだった私ですが、ヨガに親しめて、ゆる~く楽しく残りの人生を生きていけそうです。先生方、ご指導ありがとうございます。あっ、それと天神であるにもかかわらず、広い空を見渡せ、緑につつまれ、川と空気の流れを感じながらインドのにおいのする広いフロアでのヨガ。
最高です。

  • ご予約
  • お問い合わせ